>  ×

4,244,000

検索ツール

92 のうち 100 に基づく 2442 ユーザーの評価


ヒサゴ フジプラ ラミパッカーCLIVIA A3サイズ 4本ローラー LPD3223 1台, カホーPLUS 2d44d218


ヒサゴ フジプラ 4本ローラー ラミパッカーCLIVIA LPD3223 A3サイズ 4本ローラー LPD3223 1台 1台, カホーPLUS:2d44d218 --- knbufm.com




ヒサゴ フジプラ 4本ローラー ラミパッカーCLIVIA LPD3223 A3サイズ 4本ローラー LPD3223 1台 1台, カホーPLUS:2d44d218 --- knbufm.com
model:tm-2138708
当店通常価格17354.7000円 (税込)
価格15777.0000(税込)


■商品内容

●仕上がりのきれいな4本ローラータイプ。温度調節、リバース、ヒーターオートオフ、150μ対応の充実機能。


■商品スペック

寸法:W534×D195×H120mm
重量:5.8kg
最大ラミネートサイズ:A3
最大ラミネート幅:335mm
最大ラミネート厚:0.6mm
最大フィルム厚:150μ
ウォームアップタイム:約5~10分
ラミネート速度(50/60Hz):430mm/分(50Hz)、510mm/分(60Hz)
ローラー数:4本ローラー
機能:リバース機能、ヒーターオートオフ機能
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:520W
その他仕様:●加熱方式:外部加熱方式
●A4ラミネート時間:約42秒
付属品:リアトレー、クリーニングペーパー、取扱説明書(保証書)
保証期間:1年
備考:※ウォームアップ時間は周囲の温度や設定温度により差が生じる場合がございます。
※製品仕様は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
※サイズ及び重量は、リアトレーを除く値です。
※最大ラミネート厚は、フィルムを含む値です。
※最大フィルム厚は、片面厚の値です。
※ご使用の際は、取扱説明書をよくお読みいただき、正しくお使い下さい。
※電源コードやプラグが異常に熱くなる。変なにおいや、煙が出たりする。内部に水や異物が入った。このような症状の時は、ご使用を中止しコンセントから電源プラグを抜き、販売店にご相談下さい。
※製品の仕様および外観は、予告なく変更する場合がございます。
※本製品の保守用部品の最低保有期間は、製造終了から5年間となります。



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【1 - 4営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1】です。同梱区分が【TS1】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●沖縄、離島および一部地域への配送時に追加送料がかかる場合や、配送ができない場合がございます。 格安スマホの違いは?おすすめ比較ランキング

買い替えスマホナビ

ヒサゴ フジプラ 4本ローラー ラミパッカーCLIVIA LPD3223 A3サイズ 4本ローラー LPD3223 1台 1台, カホーPLUS:2d44d218 --- knbufm.com

ヒサゴ フジプラ 4本ローラー ラミパッカーCLIVIA LPD3223 A3サイズ 4本ローラー LPD3223 1台 1台, カホーPLUS:2d44d218 --- knbufm.com

格安スマホの数も増え選択肢が広がってきましたがその分しっかり自分に合ったものを選ばないといけません。格安スマホの違いはどんなところにあるのか、比較すべきポイントを抑えておきましょう。

格安スマホの違いと比較ポイント

それぞれの格安スマホにはどんな違いがあるのでしょう。
文字通り格安という部分では共通していますが具体的な料金も違いますしデータ通信量も違います。
ヒサゴ フジプラ ラミパッカーCLIVIA A3サイズ 4本ローラー LPD3223 1台 他にも通信速度が違ったり機能が違ったりと意外と違いが多いことがわかります。
そのためどんな格安スマホを選んでも同じではなく、選び方によって使い勝手が大きく変わってくるのです。料金、データ通信量、機能性、主にこれら3つの違いを比較し自分に合った格安スマホを選ぶことになります。
人それぞれ重視する要素も違うので一概には言えませんがバランスのとれたものを選んだり、とにかく料金が安いものを選んだりと色々な考え方ができるでしょう。

料金の比較

格安スマホを選ぶ場合、料金は非常に重要な要素になるはずです。
しかしただ安いものを選べば間違いないかというとそうとも言い切れません。一般的に安い格安スマホほど機能が少なくなったりデータ通信量が減らされたりしているからです。
つまり料金が安くても使っていて不便さを感じてしまう可能性があります。自分がどんな機能を求めていてどれくらいのデータ通信量が必要なのか、これをしっかり考えたうえで条件を満たした端末の中でもっとも安い機種を選ぶことがポイントです。
ただただ安さを重視してしまうと契約してから後悔することも考えられます。
格安スマホというとどうしても料金を比較する必要がありそれは大事なことなのですが料金にだけ縛られることのないようにしましょう。

データ通信量について

料金と同じくらい重要なのがデータ通信量です。今のスマホは何をするにもネット接続が必要でかなりのデータ通信量を必要とします。
特にスマホで動画をよく見る、ゲームをするという方はデータ通信量に余裕がないと動画をスムーズに見られなかったりゲームが思うようにできなかったりします。安さも大事ですがデータ通信量がどのくらいかも必ずチェックしておきましょう。
もちろんWi-Fi環境が整っていてデータ通信量を気にすることがないならいいのですが、そうでない場合データ通信量が格安スマホの使い勝手を大きく左右します。
多少料金が高くなってもデータ通信量をしっかり確保する、これくらいの気持ちでもいいくらいでしょう。

ヒサゴ フジプラ ラミパッカーCLIVIA A3サイズ 4本ローラー LPD3223 1台