>  > シュレーダー 細断 HSD-1700M 電動シュレッダー オフィス用 静音A4 オフィス用 17枚裁断 2×10mm クロスカット 細断 2×10mm【ハイブリッド・サービス社】【smtb-td】

シュレーダー HSD-1700M 電動シュレッダー オフィス用 静音A4 17枚裁断 2×10mm クロスカット 細断 【ハイブリッド・サービス社】【smtb-td】, ムナカタシ d9c54a5a


シュレーダー 細断 HSD-1700M 電動シュレッダー オフィス用 静音A4 オフィス用 17枚裁断 2×10mm クロスカット 細断 2×10mm【ハイブリッド・サービス社】【smtb-td】, ムナカタシ:d9c54a5a --- knbufm.com




シュレーダー 細断 HSD-1700M 電動シュレッダー オフィス用 静音A4 オフィス用 17枚裁断 2×10mm クロスカット 細断 2×10mm【ハイブリッド・サービス社】【smtb-td】, ムナカタシ:d9c54a5a --- knbufm.com
model:HSD-1700M
当店通常価格53900.0000円 (税込)
価格49000.0000(税込)



【ご購入の注意点】

●ご注文のキャンセルや商品の返品・交換等は承れません。
●配達日・時間帯の指定はできません。
●配達は、梱包した状態で、軒先渡しとなります
※軒先渡し とは
・エレベーターが無い場合やエレベーターに入らない場合は、1階の入り口までの配達とないます。
・門がある会社や学校等は、門の入り口までの配達となります。
●シュレッダーの設置作業・現地調整等は行いません。
●梱包材の廃棄等はお客様ご自身でお願いします。
●沖縄県及び一部離島のお客様は、送料別途頂戴致します。
(また、一部配達できない場合があります。ご了承ください)
●ご注文後の在庫引当(注文手配)となります。引当出来な場合はご注文を取消させて頂きます。
●古いシュレッダーの引取等は行っておりません。

商品仕様書
基本仕様 機種名 HSD-1700M
商品分類(パーソナル・ホーム・オフィス) オフィス
裁断タイプ マイクロカット
最多裁断枚数 19
定格裁断枚数 17
裁断速度(50Hz・60Hz) 2.8m/min・3.6m/min
裁断サイズ 2mm*10mm
モーター音 ?55
挿入口サイズ 230mm
ダストボックス容量 26L
収容枚数 780枚
メディア用分別式ダストボックス
CD/DVD裁断 クレジットカード裁断
メディア用挿入口 - カード用挿入口(CD・DVD共用) -
CD裁断サイズ 2*10mm クレジットカード裁断サイズ 2*10mm
裁断時間(分) ?20 リカバリー時間 -
電源 定格電圧 100V モーター消費電力 300W
電源周波数 50/60Hz 待機電力 0.82/0.91W
定格電流 5.7/5.9A 1分間に細断できる枚数 160/206枚
定格消費電力 570/540W カッターまでの距離 85mm
機能 表示方法 LCD 主電源
自動裁断開始/停止 電源入りライト ○(LCD)
自動カッタークリーニング - 逆転表示 ○(LCD)
安全スイッチ 半ドア表示 ○(LCD)
過挿入防止 過挿入表示 ○(LCD)
過熱防止 過熱表示 ○(LCD)
安全タッチセンサー - タッチセンサー接触表示 -
ゴミ満杯自動停止 ゴミ満杯表示 ○(LCD)
スリープモード - スタンバイ表示 -
紙詰まり時の自動逆転 紙詰まり時の自動停止
強制排紙 手動逆転
パッケージ 商品重量(Kg) 18
梱包重量(Kg) 20.9
商品サイズ(LxWxHmm) 438*290*705
ギフトボックスサイズ(W*D*Hmm) -
カートンサイズ(mm) 550*395*800
その他 認証 -
モータータイプ インダクションモーター
ダストボックスタイプ 独立式
試験用紙 A4/70g
キャスター
ステープラー針細断
ペーパークリップ裁断 -
本体保証期間 3年
モーター、カッター保証期間 3年

格安スマホの違いは?おすすめ比較ランキング

買い替えスマホナビ

シュレーダー 細断 HSD-1700M 電動シュレッダー オフィス用 静音A4 オフィス用 17枚裁断 2×10mm クロスカット 細断 2×10mm【ハイブリッド・サービス社】【smtb-td】, ムナカタシ:d9c54a5a --- knbufm.com

シュレーダー 細断 HSD-1700M 電動シュレッダー オフィス用 静音A4 オフィス用 17枚裁断 2×10mm クロスカット 細断 2×10mm【ハイブリッド・サービス社】【smtb-td】, ムナカタシ:d9c54a5a --- knbufm.com

格安スマホの数も増え選択肢が広がってきましたがその分しっかり自分に合ったものを選ばないといけません。格安スマホの違いはどんなところにあるのか、比較すべきポイントを抑えておきましょう。

格安スマホの違いと比較ポイント

それぞれの格安スマホにはどんな違いがあるのでしょう。
文字通り格安という部分では共通していますが具体的な料金も違いますしデータ通信量も違います。
シュレーダー HSD-1700M 電動シュレッダー オフィス用 静音A4 17枚裁断 2×10mm クロスカット 細断 【ハイブリッド・サービス社】【smtb-td】 他にも通信速度が違ったり機能が違ったりと意外と違いが多いことがわかります。
そのためどんな格安スマホを選んでも同じではなく、選び方によって使い勝手が大きく変わってくるのです。料金、データ通信量、機能性、主にこれら3つの違いを比較し自分に合った格安スマホを選ぶことになります。
人それぞれ重視する要素も違うので一概には言えませんがバランスのとれたものを選んだり、とにかく料金が安いものを選んだりと色々な考え方ができるでしょう。

料金の比較

格安スマホを選ぶ場合、料金は非常に重要な要素になるはずです。
しかしただ安いものを選べば間違いないかというとそうとも言い切れません。一般的に安い格安スマホほど機能が少なくなったりデータ通信量が減らされたりしているからです。
つまり料金が安くても使っていて不便さを感じてしまう可能性があります。自分がどんな機能を求めていてどれくらいのデータ通信量が必要なのか、これをしっかり考えたうえで条件を満たした端末の中でもっとも安い機種を選ぶことがポイントです。
ただただ安さを重視してしまうと契約してから後悔することも考えられます。
格安スマホというとどうしても料金を比較する必要がありそれは大事なことなのですが料金にだけ縛られることのないようにしましょう。

データ通信量について

料金と同じくらい重要なのがデータ通信量です。今のスマホは何をするにもネット接続が必要でかなりのデータ通信量を必要とします。
特にスマホで動画をよく見る、ゲームをするという方はデータ通信量に余裕がないと動画をスムーズに見られなかったりゲームが思うようにできなかったりします。安さも大事ですがデータ通信量がどのくらいかも必ずチェックしておきましょう。
もちろんWi-Fi環境が整っていてデータ通信量を気にすることがないならいいのですが、そうでない場合データ通信量が格安スマホの使い勝手を大きく左右します。
多少料金が高くなってもデータ通信量をしっかり確保する、これくらいの気持ちでもいいくらいでしょう。

シュレーダー HSD-1700M 電動シュレッダー オフィス用 静音A4 17枚裁断 2×10mm クロスカット 細断 【ハイブリッド・サービス社】【smtb-td】